シニアオーディション

投稿者: | 2016.12.19

オーディションというと、若い人が集まるという印象を持っている人もいるでしょう。しかし、実際には若い人だけで何かをするのは難しいので、当然シニアの人材も必要になります。よくタレントを育成する専門学校などもあるのですが、ある程度の年代の人も通っていることがあります。もちろん若い人のオーディションに比べると、ある程度参加できる範囲は限られてしまうのですが、それでもそれ相応の数が存在しているので、興味を持っている人もいるでしょう。

ここで重要なことが1つあるのですが、シニアというのは何歳以上のことを指すのでしょうか。実は明確な決まりがあるわけではないので、開催するオーディションによっても変わってくるのですが、大体40歳以上の人を指す言葉だと思ってよいでしょう。オーディションは通常年齢制限があるので、いろいろなオーディションの内容を見てみると、40歳以上としていることが多いのです。シニア向けの専門学校もあるのですが、やはり年齢制限は40歳以上となっていることが多いでしょう。

募集している内容は、やはり俳優が多くなっています。ドラマや映画というのは、ある程度年配の人もいないと成り立ちません。場合によってはよい芸能人が見つからず、オーディションで人材を確保することもたくさんあります。そのため、もう歳だからと言って諦めず、挑戦してみてはいかがでしょうか。当サイトではシニアのオーディションについての情報をいろいろと知ってもらうために、たくさんの情報を提供しています。