何歳までよいのか

基本的にシニアオーディションの場合には、40歳以上と年齢制限がある場合が多くなっています。下限は40歳になっていることが多いのですが、場合によってはもっと下の年代でも受けられることがあります。では、上限年齢はいくつぐらいになっているのでしょうか。それとも制限は設けられていないのでしょうか。やはりオーディションによって変わってきますが、上限年齢は80歳になっていることが多いでしょう。

80歳ということは、実質上限年齢はないに等しいと言えます。ただし、アクションなどを行わなければいけない場合もあるので、このようなときには上限年齢が60歳ぐらいまでになっていることもあるでしょう。まずはどのようなシニアオーディションが開催されているのかを知ることが重要になります。現在ではインターネットが気軽に使用できるので、簡単に調べられるでしょう。

一通り開催されているシニアオーディションを見ていると、やはり40歳から80歳までという年齢制限が一般的です。ジャンルはある程度限られてしまうので、タレントや歌手、俳優や女優などのオーディションがメインとなっています。人によっては定年退職してからオーディションを受ける人もいるので、誰にでもチャンスがあると言えるでしょう。

主な流れ

シニアオーディションとは言っても、年齢に制限があるというだけで、その他は一般的なオーディションとそれほど変わりません。そこで簡単な流れを説明させていただきますが、まずは芸能事務所のオーディションに応募します。通常応募する前に、専門学校などで演技や歌などの勉強をしておくのが一般的です。よく友人が勝手に応募したなどという話を聞きますが、シニア世代ならこのような非常識なことはしないでしょう。

応募したらオーディションの日に指定された会場へ行き、担当者の質問などに答えます。これだけなら普通の面接と変わりありませんが、オーディションの場合には、特技を披露するように言われることもありますし、演技力や歌唱力を見せることも多いでしょう。一通り終わったら帰宅をして、合否の結果が来るまで待ちます。このような点も普通の面接と一緒です。

合格したらオーディションを開催した芸能事務所に所属し、本格的にタレントの仲間入りとなるのですが、最初はドラマなどに出してもらえることが多いでしょう。しかし、次回以降も出演できるとは限りません。また、定期的に行われるレッスンなどにも参加しないといけなくなります。これがシニアオーディションの主な流れになるのですが、どこのオーディションでもこのような感じです。

TOPIC|http://www.theatre.co.jp/audition

 

レッスン内容

シニア世代がオーディションに参加するために、日本国内には専門学校が設けられています。では、どのようなレッスンを行っているのかというと、メインとなっているのは演技レッスンと歌のレッスンです。ようするにこの分野でオーディションが多く行われているということになります。では、歌や演技以外のレッスンは行われていないのかというと、決してそのようなことはありません。

他にもヨガのレッスンを行っている専門学校もありますし、タップダンスのレッスンを行っている専門学校もあります。日本舞踊のレッスンを行っている専門学校もあるのですが、演技や歌もいくつかの種類に分けてレッスンを行っているのです。演技であっても時代劇や刑事ドラマなどの分野に分けられているところもあります。歌でも演歌や歌謡曲などに分けられているところもあるでしょう。

このような専門学校を設けて、シニア世代の入学を呼びかけているということは、それだけシニア世代を必要としているということです。オーディションが存在しているということを意味しています。もちろん1つのオーディションで、複数人採用している場合もあるので、まずはしっかりとレッスンを受けて、能力を身に付けておく必要があるでしょう。

シニアオーディション

オーディションというと、若い人が集まるという印象を持っている人もいるでしょう。しかし、実際には若い人だけで何かをするのは難しいので、当然シニアの人材も必要になります。よくタレントを育成する専門学校などもあるのですが、ある程度の年代の人も通っていることがあります。もちろん若い人のオーディションに比べると、ある程度参加できる範囲は限られてしまうのですが、それでもそれ相応の数が存在しているので、興味を持っている人もいるでしょう。

ここで重要なことが1つあるのですが、シニアというのは何歳以上のことを指すのでしょうか。実は明確な決まりがあるわけではないので、開催するオーディションによっても変わってくるのですが、大体40歳以上の人を指す言葉だと思ってよいでしょう。オーディションは通常年齢制限があるので、いろいろなオーディションの内容を見てみると、40歳以上としていることが多いのです。シニア向けの専門学校もあるのですが、やはり年齢制限は40歳以上となっていることが多いでしょう。

募集している内容は、やはり俳優が多くなっています。ドラマや映画というのは、ある程度年配の人もいないと成り立ちません。場合によってはよい芸能人が見つからず、オーディションで人材を確保することもたくさんあります。そのため、もう歳だからと言って諦めず、挑戦してみてはいかがでしょうか。当サイトではシニアのオーディションについての情報をいろいろと知ってもらうために、たくさんの情報を提供しています。